屋久島の森の香りは透きとおるような…

  • 2018.02.15 Thursday
  • 11:52

屋久島は、不思議な島だと聞いています。

島はスライムみたいな形で、海岸は熱帯っぽく
中心に向かって標高が上がっていき
頂上は寒いくらい。
一つの島の中に、日本中の気候が詰まっている感じ。
海岸は熱帯で見るような植物があって
森の中に入っていくと広葉樹もあり針葉樹もある。
屋久島といえば屋久杉が有名ですが、この特殊な島だからこそ
特別な杉の木なんですね。
他の地域の杉より成長が遅く、それでも巨木になっていく。
yaku
そんな屋久島の森だから一般道から数メートル森に入っただけでも
遭難しそうになるらしい。
下っていると思ったら数歩で上り坂になる。
膝より下に下草や木の根が折り重なっているので
そもそもまっすぐいきたい方向に移動できないのだそうです。
地元のガイドさんと一緒じゃなければ、車から降りて森に入ったりしないのが賢明です。
登山道から外れて歩いていくのも無謀でしょうね。
猿とか鹿とか見かけるとついつい追いかけたくなっちゃうでしょうけど。
さて、綺羅屋の屋久島の香り。
不思議な屋久島の森の香り、初夏の空気を実際に分析して
そのデータをもとに調香されたものです。
独特のフレッシュな印象は、ルームスプレーにもおすすめです。

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

香りショップ綺羅屋

マニアックな香り好きの皆さんのネットショップ。 お店に戻るのは、こちらからにゃん。 たま店長の綺羅屋

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM